読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブリヂストン美術館 カイユボット展ブログ

~写真家Mの視点によるカイユボットの魅力~

いよいよオープン!都市の印象派 カイユボット展

「カイユボット展ー都市の印象派」が今日10/10いよいよオープンです!

 

f:id:Caillebotte:20131009124915j:plain

 一足早く展覧会の内覧会と開会式に行ってきました。

 

開会式ではなんと、カイユボットの弟マルシャルのひ孫にあたるドミニック・シャルドー氏が来日してゲストに登場!挨拶のスピーチをしていました。今回、マルシャルの写真作品も多数展示されています。シャルドー氏は、ブリヂストン美術館からカイユボット展の企画の話を聞いた時、大変に重要な展覧会になると思い、協力させていただくことにした、と語っていました。

f:id:Caillebotte:20131009155132j:plain

スピーチ中のシャルドー氏

 

今回のカイユボット展には、カイユボットの絵画が63点、弟マルシャルの写真が100点展示されています。その中にはパリ印象派展に出品した作品も12点あり、一堂に鑑賞できる貴重な機会です。

 

展示会場へいざ。

会場に入って、真っ先に目にするのは彼自身の自画像です。

「カイユボットさん、とうとうお会いできましたね」と思わずあいさつしたい気持ちになったと同時に、素敵な順番の展示の仕方だと思いました。

f:id:Caillebotte:20131009131724j:plain

 

f:id:Caillebotte:20131009141847j:plain

カイユボットの代表作の一つ《ヨーロッパ橋》は125 x 180cmと大きいです。見応え十分。その二つ左にあるのは《ヨーロッパ橋にて》。同じ場所を違う風に切り取って描いた作品。学芸課長の新畑さんによると《ヨーロッパ橋にて》の展示は11/10までなので、この2点が並んでいる貴重なところをご覧になりたい方は、それまでにぜひご来場をおすすめ。

 

f:id:Caillebotte:20131009144359j:plain

前回のブログで紹介したイエールで描いた作品のセクション。《ペリソワール》も《シルクハットの漕手》も。

 

f:id:Caillebotte:20131009150407j:plain

さりげなく置かれたピアノはなんと!

 

f:id:Caillebotte:20131009141301j:plain

 f:id:Caillebotte:20131009141437j:plain

《ピアノを弾く若い男》に描かれているピアノと同じモデルなのでした。展覧会のために取り寄せたこだわりに感嘆しました。ピアノの質感が絵と同じ。お見逃しなく!

 

カイユボットの弟、マルシャルの写真作品も素敵なんです。カイユボットの絵画との対比もあったりして、いろいろ興味深いです。

f:id:Caillebotte:20131009141425j:plain

 

そしてこんな展示も。

f:id:Caillebotte:20131009145331j:plain

f:id:Caillebotte:20131009132404j:plain

カイユボットの家、作品を描いた場所など、パリでゆかりのある場所を地図と絡めて見られるという楽しい試み。

 

f:id:Caillebotte:20131009133115j:plain

「室内、肖像画」のセクション。カイユボットの代表作ずらりとたっぷり鑑賞できます。

 

会場は6つのセクションに分かれていて、とても見やすかったです。内容についてまたブログでもご紹介しますが、ぜひ京橋に行って、実物の作品にお会い下さいね。

 

f:id:Caillebotte:20131009124828j:plain

photos: ©Mayumi Ishii